シボガードとシボヘールの違いを徹底調査!

シボガード シボヘール

「昔はいくら食べても太らなかったのに、最近お腹の肉が気になってきた」「お腹周りのお肉が落ちない!」と、ウエストラインにお悩みの方も多いのではないでしょうか?

 

 

年齢を重ねるごとに脂肪も落ちにくくなって、ダイエットも難しく、大変なものになっていきますよね。(-o-;)
しかも、ウエスト周りのお肉は落ちにくいので、「運動しても食事制限しても無理!」と諦めかけている方もいると思います。

 

 

そんな方に、脂肪燃焼を助ける「シボヘール」や「シボガード」といったサプリがあるのをご存知でしたか?

 

 

今回は、似たものサプリであるシボヘールとシボガードの、効果や成分、口コミなどを比較してみたいと思います!

 

 

シボヘールとシボガード得られる効果は同じ?

 

 

シボヘールとシボガードは、有効成分が同じで、期待できる効果も同じサプリメントです。

 

 

どちらのサプリも有効成分は“葛の花イソフラボン”です。
古くから、葛の根は利用されてきましたが、花の部分は最近話題のダイエット成分として注目を集めています。

 

 

葛の花イソフラボンには、
① 中性脂肪が生まれるのを抑える
② 脂肪の分解を促す
③ 脂肪の燃焼を促進させる

 

といった3つの効果があります。
だから、脂肪が新たにつくのを防いで、すでに蓄積されている脂肪の分解や燃焼を促すことで、スッキリしたお腹周りを手に入れることができるんですね。(^_^)

 

 

シボヘールもシボガードも、効果が実証され、安全性も認められた“機能性表示食品”なので、安心して飲むことが出来ますよ。

 

 

シボヘールとシボガード成分一覧!唯一の違いって?

 

 

シボヘールとシボガードの2つのサプリメントの成分一覧をご紹介します。

 

 

・ シボヘール成分一覧
還元パラチノース、葛の花抽出物/セルロース、ショ糖脂肪酸エステル、二酸化ケイ素

 

 

・ シボガード成分一覧
還元パラチノース、葛の花抽出物/セルロース、ショ糖脂肪酸エステル、二酸化ケイ素、カラメル色素

 

 

ほぼ成分は同じで、唯一シボガードには「カラメル色素」が配合されています。
カラメル色素は着色料として使用されている添加物で、大きく4種類に分けられます。

 

 

カラメル色素1は、糖類のみを加熱して作られる安全な添加物ですが、カラメル色素2?4は危険性が高く、発がん性のあるものもあります。

 

 

シボガードに含まれているカラメル色素はどの種類のものか明記されていないのが気になりますね。

 

 

シボヘールの口コミ一覧

 

 

今度は、ふたつのサプリメントの口コミを比べてみたいと思います。(^_^)

 

 

・40代 女性
年齢を重ねるごとに落ちにくくなっていくお腹周りの脂肪に半ば諦めさえ感じていました。シボヘールを飲むようになったら、確実にお腹の脂肪が減っている!と実感できるようになりました。

 

 

・ 40代 男性
「お腹がみっともない」と妻から言われ、何とかしたいと思いシボヘールを飲み始めた。1日4粒でいいから手軽で長く続けられるし、お腹がシュッとしてきた、と評判も良い!

 

 

・ 30代 女性
初回980円で購入できるので、試しに購入してみた。他のダイエットサプリは高いので、この値段は嬉しい。効果はまだ出ている感じはしないけど、飲み続けてみようと思います!

 

 

シボガードの口コミ一覧

 

 

続けて、シボガードの口コミもご紹介します。

 

 

・ 40代 女性
シボガードを飲み始めてから、確かにお腹周りの脂肪が無くなってきたように思います。でも、一ヶ月9600円とかなり値段が高いので、飲むのをやめてしまいました。もう少しお手頃な値段になると嬉しいです。

 

 

・ 30代 女性
1日に12粒も飲まないといけないのでかなり大変。まだ始めたばかりで効果が出ている実感は無いし、錠剤が苦手なので続けられるか不安・・

 

 

・ 40代 男性
内臓脂肪を医師から何とかするよう言われ、シボガードを飲み始めた。まだ効果はないけどとりあえず1ヶ月は続けてみようと思う。

 

 

シボヘールとシボガードまとめ

 

 

シボヘールもシボガードも、どちらも同じ効果が期待できるサプリです。

 

 

しかし、シボガードの方が1日に飲む量が多く、値段も高いので、錠剤が苦手な方やお金をなるべくかけたくない方はシボヘールをオススメします☆